Tinder

Tinderは友達にバレる?

投稿日:2018年3月4日 更新日:

Tinderは友達にバレる?

最近話題のマッチングアプリTinder。

誰でも無料で気軽に使えるということで人気ですよね。

でも「使ってみたいけど、友達にバレないか心配」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Tinderを使っていることがどうやって友達にバレるのか?

また、バレずに使う方法についてお伝えしていきたいと思います!

☟バレずに使う方法へ飛ぶ☟

Tinderが友達にバレる場合と理由

Tinderが友達にバレる場合

結論から言うと、Tinderは対策をしないで使うと友達にバレる可能性があります。

なぜならTinderはフェイスブックと連動し、フェイスブックから情報を取得しているため、

  1. フェイスブック上に共通の友達がいる
  2. Tinderアプリの共有範囲が「自分のみ」になっていない
  3. TinderSocialがオンになっている

この3つのルートから友達にバレてしまうんです。

フェイスブックと連動しているからといって、自分がTinderを使っていることがタイムラインで公開されたり、フェイスブックで直接つながっている友達がTinderに表示されてバレる、ということはないので安心してください!

では、バレる理由について順番に解説していきます。

1.フェイスブック上に共通の友達がいる

Tinderのスワイプ画面で表示された人とあなたとの間にフェイスブック上で共通の友達がいた場合、相手のプロフィールの下の方に「共通のつながり○人」というメッセージとその友達の写真が表示されます。

もちろん、あなたのプロフィールにも同じように表示されているので、あなたが誰とフェイスブック上でつながっているのか、相手に知られることになります。

もしその共通の友達にあなたのプロフィールを見せてしまったら・・そのままTinderをやっていることがバレますね。

マッチングアプリでの出会いって、相手がどんな人かわからないという不安がありますよね。

友達の知り合いだとわかると安心感がある、と考えると、いい機能とも言えるかもしれませんが・・・

実は「共通のつながり」を非表示にする機能はTinderにはないんです。

なので、「フェイスブックアカウントを使って登録したいけど、友達にどうしてもバレたくない!」という人には、Tinderはあまりオススメできません。

2.Tinderアプリの共有範囲が「自分のみ」になっていない

Tinderアプリの共有範囲が「自分のみ」になっていない

フェイスブック上で、Tinderアプリの共有範囲が「自分のみ」以外に設定されているときは、あなたがTinderを使っていることが他の人に公開されているということになります。

通常では自動的にTinderの共有範囲は「自分のみ」になっているはずなのでそんなに心配することはありませんが、不安な場合はフェイスブックのアカウント設定から調べてみてください。

「アカウント設定」→「アプリ」→「フェイスブックでログイン」とタップしていき、Tinderが「自分のみとシェアしています」というグループに入っていれば、公開されていないということになります。

もし「自分のみ」ではないところに入っていた場合は、設定しなおしておきましょう。

3.TinderSocialがオンになっている

Tinderには「TinderSocial」という機能があります。

この機能をオンにしておくと、フェイスブック上でつながっている友達がTinderを利用していた場合、その友達の「TinderSocial」の画面に、あなたの名前が表示されるようになります。

この「TinderSocial」とは簡単に言うと、フェイスブックアカウントを使ってTinderを利用している友達とグループを作り、異性のグループとマッチングするための機能です。

たとえば、合コンの相手を複数人まとめて探したいときやグループデートをしたいときなどに使います。

もしTinderを使う目的が、1対1のマッチングなら「TinderSocial」をオフにしておいたほうがいいです。

オフにしておけば「Tinder Social」から友達にバレることはありません。

バレずに使う方法

バレずに使う方法

Tinderが友達にバレる理由について説明してきましたが、バレずに使う方法もあります。

バレずに使う方法には、

  1. 電話番号で登録する
  2. TinderPlusを利用する
  3. 「Tinderで表示する」をオフにする

この3つがあります。

1.電話番号で登録する

Tinderを利用するときに、フェイスブックアカウントではなく電話番号を使って登録すれば、友達にバレる可能性はほぼなくなります。

なぜなら、フェイスブックと連動しなくなるため、共通の友達が表示されたり、友達のTinderSocialに自分の名前が表示されたりすることがなくなるからです。

もちろん、利用しているアプリの一覧にTinderが載ることもありません。

電話番号で登録するには、Tinderアプリを開いた画面で「電話番号でログインする」をタップし、電話番号を入力したあと、SMSに送られてくるログインコードを入力すればOKです。

ただ、この方法を使っても友達にバレてしまうこともあります。

TinderはGPSを使ってリアルタイムで位置情報を取得し、検索条件で設定した範囲内にいる異性を表示させているので、近くでTinderを使っている友達のスワイプ画面に自分が出てくる可能性があります。

これを防ぐ方法としては、有料プランのTinderPlusを使うというのがあります。

2.TinderPlusを利用する

2.TinderPlusを利用する

TinderPlusを使うと

「自分がいいね!した人だけに自分のプロフィールを表示させる」
「自分の位置情報を変更できる」

ということができるようになります。

自分がいいね!した人だけに自分のプロフィールが表示されるようになれば、友達のスワイプ画面に自分が出てくることはありません。

また、自分の位置情報を実際にいるところより遠くに設定すれば、近くにいる友達の設定した範囲に引っかからなくなります。

ただこれには、自分の近くにいる人を探せない・探してもらえないというデメリットもありますが・・・。

ちなみにTinderPlusを利用するには、1ヶ月1068円かかります。

「これだけの金額を支払ってもいいからバレたくない!」というのであれば、TinderPlusを使ってみるのもいいのではないでしょうか?

3.「Tinderで表示する」をオフにする

そのほかにも、Tinderの設定画面から「Tinderで表示する」をオフにしておくという方法もあります。

オフに設定しておくと、Tinder上で自分のプロフィールが表示されなくなるため、絶対にバレることはなくなります。

ただ、自分を非表示にすると、相手からスワイプされなくなるだけでなく、こちらからスワイプすることもできなくなるので、一切マッチングしなくなります。

出会いたくてTinderをやっているのにまったく出会えなくなるということなので、この対策はあまり現実的ではないかもしれませんね。

まとめ

利用者を増やしているTinder。

確かにバレる可能性はありますが、きちんと対策をすれば、可能性をほとんど0にすることができます。

しかし、それだけ利用者が増えたということは、Tinderで出会いを探すということが世間に受け入れられてきた証拠とも言えますし、Tinderをやっているということは、もはや恥ずかしいことや隠すことではないのかもしれません。

この記事が、皆さんの楽しいTinderライフの助けになれば幸いです!

Tinderの使い方【マッチ・スーパーライク】を解説しています☟

Tinderの使い方【マッチ・スーパーライク】を解説

-Tinder

Copyright© ピュアガール , 2018 All Rights Reserved.